初めてのビジネスローン厳選6社

TOP > ビジネスローンの豆知識 > ビジネスローン活用する上でのメリットとデメリットとは

ビジネスローン活用する上でのメリットとデメリットとは

事業融資は、幾つかタイプがあります。
個々のメリット、デメリットを認識することで要領よく融資が受けられます。
事業融資に関しては銀行や信販会社それから、消費者金融などで扱っています。
その中にあってもビジネスローンは預金に関する業務をしていないノンバンクと言われている会社が供するものになります。
ビジネスローンの特性は、無担保の状態で保証人についても不要で借り入れることができる点です。
事業目的であったならば活用の用途がフリーというのも、事業主にとりましてアドバンテージになります。
開業資金や設備投資それから、事業拡大、さらに取引先や給与の支払いなど使いみちは広範囲にわたります。
要するに、個人的に利用しなければどういった使用方法をでもよいということを意味します。


ビジネスローンに関しては個人事業主並びに中小企業に有益です。
ビジネスローンのメリットは、無担保、さらに保証人なしで借りることができることです。
不動産をもっていない場合でも審査を受けれるので、一個人でビジネスにチャレンジしたい人でもビジネスローンを活用することになれば融資を受けることが可能だと言えます。
ほかにも担保や保証人の調査が要らないため、最も早くて即日融資が可能です。
緊急事態で資金が入用になったときにもスピーディーに利用することができます。
それに加えて個人事業主並びに中小企業は、通常の銀行融資は審査がパスしにくく、融資を受けられないことが多いのが現況です。
ビジネスローンは、そうした人を対象に融資を行なっていることから相対的に審査にパスしやすいです。
使いやすいビジネスローンは、事業主にとり実用的といえます。


メリットの多いビジネスローンもデメリットはあります。
審査がパスしやすいことから、金利が割高に設けられています。
その影響で長い期間にわたって借り入れる場合には利息が多くつくので、不向きなケースもあります。
銀行融資と照らし合わせると相当高金利ですので、融資してもらったことによって返済に追われることもありえます。
金利が高いということを想定してプランを立てて活用することになれば、ウィークポイントは解消されます。
たしかに、メリットもデメリットもありますが、ビジネスローンは個人事業主もしくは中小企業の味方であることは間違いありません。
活用するときも店に足を運ばずとも申し込めるものもあります。
労力がかからず、申し込みから始まり融資に至るまでの時間も短いので使い勝手の良い融資ということができます。

次の記事へ