初めてのビジネスローン厳選6社

TOP > ビジネスローンの豆知識 > ビジネスローンを活用するメリットとデメリット

ビジネスローンを活用するメリットとデメリット

ビジネスを実施するには、開業資金並びに運転資金といった資金が必要不可欠です。
そうしたものを自己資金からまかなうことが可能ならば何の問題もありませんが、自己資金のみで充分ではない場合は、何処かから資金調達を実行しないとなりません。
資金調達を実施する方法はいくつかありますが、その1つにビジネスローンという手段があります。
事業者に特化した資金調達手法の中でも、良く知られている資金調達の手段と言えます。
ビジネスローンは商工ローン並びに事業者ローンという名称で言い表されることもありますが、事業に必要不可欠な資金を貸して貰える制度を言います。
ビジネスローンは個人事業主若しくは中小企業家に特化したローンで、住宅のためのローンや自動車ローンなどと並ぶローンの種類です。
定型貸出に区分けされるため、借りることができる額の上限や金利の水準、貸出に関する必要な条件も確定されています。


ビジネスローンは融資に関する必要な条件が確定されていますので、必要条件を満たした人のみにしか融資が実施されません。
申し込みをする局面で選別されますので、審査に関する基準に上がってきた方に対しクリアしていれば貸出が利用できます。
その結果、融資に至るまでの時間は短期間です。
ノンバンク系統は殊の外審査がスピーディーで、即日融資してもらえることもあり得ます。
それに対して公的機関は低い水準の金利の一方で、審査に時間がとられます。
ビジネスローンは担保が不要ですので、不動産などを持ってなくても借り入れることができます。
契約を結ぶ代表者が連帯保証人になるのみで融資を受けることができます。
ですので、第三者保証人もしくは身内の保証人も不要です。
常に活用している通帳に振り込んで貰えるので、入用なお金を迅速におろすことが可能です。


ビジネスローンは長所がたくさんありますが、デメリットも少なくありません。
借りるサイドとして気にかかるのは、金利の水準が高いことです。
公的融資並びに担保が要される融資と比較したら、金利が高く設けられているビジネスローンは、返済のための期間が長くなればその分だけ弁済する額も高くなります。
貸付するサイドは担保を取らないで、保証人も必要ないというリスクを背負っていることになりますから、金利の水準が高くなるのは避けて通れないことです。
ビジネスローンでも銀行グループよりノンバンク系統のほうが、金利が非常に高いのが特色になります。
ビジネスローンの申し込みを入れるには確定申告書並びに事業計画書といった必要な関係書類が要ります。
数年相当分の確定申告書が要されるなど、事業実績がなければ借りれないケースがあります。

次の記事へ