初めてのビジネスローン厳選6社

TOP > ビジネスローンの豆知識 > ビジネスローンの特徴および注意すべき点

ビジネスローンの特徴および注意すべき点

オーソドックスなキャッシングは、一個人に向けた金融商品で、ビジネスローンとは異なります。
中小零細企業の経営者や個人事業主などが、ビジネス拡大の資金を確保する為に、一個人に向けた普通のカードローンを活用する事は基本としてできません。
それに対して、ビジネスローンは事業者に特化した金融商品を意味します。
ビジネスローンを取り扱う金融機関の数多くが審査手法としてスコアリングシステムを活用します。
これは、統計のデーター数値をベースにして融資を望んでいる人の信用度をスコア化する事によって適正か不適正かを決定します。
担保もしくは保証人においても無担保ローン及び有担保ローンがありまして、無担保ローンに関しては無担保、無保証で融資を受けることができる為金利の水準が高めに設けられています。


ビジネスローンに関しては不動産担保なども求められることなく、必要な書類としてクライアントの本人確認書類以外に、決算書といった事業所得を証することができる収入証明書があれば利用することができます。
注意すべき点とすれば、確定申告書が二期相当分求められることもあり得ます。
赤字決算のケースでは審査通過が困難になり、ビジネスローンの申請にはそれなりの業歴が求められる事から、開業資金としては活用できません。
それ以外にビジネスローンを活用する前にチェックしておく留意すべき点もあります。
魅力は融資の速さですが、その分だけ金利の水準が高めです。
従いまして、融資してもらったお金は借入期間が長くなる程負う利息も増えます。
金利の負荷の非常に大きいビジネスローンはつなぎ資金として短期の間用いるような活用法の良いと言えます。


ビジネスローンは銀行それから、カード会社並びに証券会社や消費者金融など多様な機関で扱っていることで、中身も広範囲にわたります。
申請は店でも可能と言えますが、ホームページを介しての申し込みが通常です。
金利が安いのは銀行ですが、審査はシビアです。
一方消費者金融系統は金利そのものが高いですが、銀行より厳格ではありません。
申請してから融資に至るまでの期間は早い所で即日融資ができます。
即日のケースになると銀行振り込みとなっている為、営業時間完了までに申請することが求められます。
審査の期間は金融機関によって開きが出て、普通だと数日~一週間程かかります。
ビジネスローンの審査につきましてはスコアリングによって決算書の数値が確認されます。
収益性や安全性そして、返済能力などが挙げられます。
借入額や期間によって毎月の返済額に変化がある為、短絡的に借りず条件をチェックし、月毎の弁済額がビジネスのキャッシュフローを圧しないかを見定めることが重要になります。

次の記事へ