安くレンタカーを利用するコツ
2017.03.10

外車人の行き来が増える時には、交通機関の利用も活発になります。多くの人が外に繰り出す、ゴールデンウィークやお盆、お正月の時期は、交通系サービスにおける繁忙期です。千客万来の忙しいシーズンに対して、利用者が少なくなり乗車率や稼働率が下がる、閑散期というものもあります。長期の休暇に重ならないお正月が終わってから春休みまでの間や、五月の連休を消化してから夏の休暇が始まるまでの期間、秋の終わりからクリスマス前にかけてのシーズンは、人の動きが緩やかになるのが毎年の傾向です。

閑散期の平日は、利用者がぐんと少なくなるため、各サービスはチケット代を安くして、客数を確保しようと動きます。そうした利用する人間が減る時期に合わせて予定を組んで、お店にとっての貴重なお客様を目指せば、レンタカーを通常よりも安く使うことも可能になるでしょう。閑散期にはレンタカーの比較サイトや予約サイトに、割安のクーポンが出現したりもするので、利用の前には必ず情報を確認して、クーポン取得のチャンスを逃さないようにして下さい。客数が低下している時に出る、不定期のクーポンですから、入手したいと思うのなら、まめにサイトに通うしか望みを叶える手立てはありません。

利用者の多いも少ない関係なく、自分の使いたい時に確実に安くレンタカーを調達したいというのなら、会員登録をしておくのが最も手っ取り早い方法となります。会員限定の割引システムを設けている会社はたくさんありますから、利用しやすい環境にあるサービスからお気に入りを選んで、進んで会員となっていきましょう。登録の際には、会費についての事項を中心に、規約に目を通す事を忘れないようにします。

レンタカーの他に、新幹線や飛行機でも移動する計画を立てている時には、旅行会社や交通機関が提供している、セットのチケットプランを使うことができるかどうかチェックしてみることも大事です。特定の車を格安で借りられたり、レンタルの料金自体は安くならなくても、他の移動手段の方で割引が受けられ、セット購入でトータルでの金額が安くあがるケースも見られます。

また安くレンタカーを利用するコツとして、計画性をもつということは、単純ですが心がけておきたいポイントとなります。慣れない地で旅の計画にない衝動的な行動に出たりすると、予定が狂って移動距離が延び、意図せず延滞料金を発生させてしまったりするものですから、羽目を外し過ぎないよう注意しなければなりません。安全運転を守りつつ、借り物の車を丁寧に扱い、有意義にサービスを活用していきましょう。

▲ ページトップへ