レンタカーで楽しく旅行をしよう
2017.03.10

ドライブ電車にバスにタクシーと、様々にある旅行中の移動手段の中に、レンタカーも数えられます。自宅から自家用車に乗って出かけるのではなく、旅のために旅の途中で車を借りる、その行為の意味は、単に車を交通の手段にするということに止まりません。自家用車で出発した場合、旅の移動のほとんどを車で行うことになります。車での移動には運転をする者の存在が不可欠で、運転手は旅行のあいだ中、常にその役割を負わねばなりません。

交代要員を用意した上で臨むにしても、出発から帰宅までですから、運転手役の疲労は非常に大きなものとなります。そうして運転に努めても、移動距離やスピードには限界があり、新幹線や飛行機を移動の手段とした時ほど、遠方への移動が果たせないのも弱点です。車以外にも選択肢は数多くあるにも関わらず、旅の日程の大半が移動時間に割かれても、運転手に負担を強いてでも自家用車での旅行が計画されるのは、車が移動の方法としてとても便利なものだからです。決められた場所にしか停まれない電車やバスと比べて、自由な行動ができる車の使用で、旅行ルートのバリエーションは広がります。時刻表に合わせた綿密な計画も待ち時間も求めず、旅人の進みたい方向に常に進む、車は優秀な足なのです。

自由度の高い旅行がしたいけど、旅行中ずっと運転するのは辛い、でも常時タクシーを利用するほどの余裕がないといった時に、活躍してくれるのがレンタカーのサービスです。レンタカーなら最初から最後まで旅のお供とせずとも、現地に着いてからの足として、有効に活用していくことができます。セダンにワゴン車、軽トラックなど、様々なレンタカーがある中で、乗車人数に合わせて自由に車を選べるのも、サービスの便利な所です。普段使用している車が仕事用で、家族旅行との相性がよくないという時にも、レンタカーは活躍します。

車種を選択したい事情があるのなら、行き当たりばったりでレンタルに挑戦するのではなく、事前に予約を済ませて、希望の車を確保しておくのが良いでしょう。空港のカウンターから手続きできるレンタカーや東京都内のレンタカーというように、利用の状況が整った中でのレンタルに比べて、衝動的な現地でのレンタルは難易度も上がるので、自分で段取りをしっかりと整えておくことも大切です。

レンタカーのサービスを上手に活用できれば、観光や休暇といった、旅行の目的もぐっと達成しやすくなります。遠出の際には運転免許証を忘れずに携帯し、手軽で利便性に優れた移動手段を、利用できる状態にしておくのがおすすめです。

▲ ページトップへ